認印は考え方によって値段が変わる

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

認印の値段

印鑑には、様々な種類があり、使用用途によって使い分けていくことが必要です。
これは、複製の危険から守る策であり、実印など重要な場面でしか使わないものに関しては、できるだけ世間に広めない努力も、リスク低減に重要な方法となるわけです。
一般的な使用に関しては、認印を使っていくことだけでも、実印の露出を下げる効果があるわけです。
認印は実印のような登録はしませんので、あまり値段のするものは使っていかない傾向があります。
サイズが小さくても済むために、安価で上がるということもあるのですが、捺印する機会が多いために、シャチハタの浸透印などはとても使いやすいものになってくれるわけです。
値段的には、浸透印は決して安いといわれるような価格ではありませんが、スタンプ台も朱肉もいらないために、どこでも使えるため、とても便利なだけではなく、インクの補給も簡単にできることから、長く使っていける印鑑になってくれるということも重要なのです。

こういった浸透印を認印に使うほかにも、値段がとても安い三文判を利用していくという方法もあります。
100円均一などでも販売されるようになり、文具店などでもかなり安い値段で販売されているわけですが、一般仕様である認印であれば、これでも用は足ります。
そして、もしもかけたとしても、すぐに手に入れることができますし、機械掘りの大量生産品ですので、同型印が多数存在するため、同じものを手に入れることができる利便性もあるのです。

あわせて読みたい関連ページ