象牙の印鑑はなぜここまで値段が高いのか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

象牙印鑑の値段

印鑑は印材によってもその雰囲気が決まるものです。
しかし、どんなものを選択するのかによって、値段も全く違います。
やはり最高級の象牙ともなれば、なかなか手が出せる金額ではなくなってきます。

最高級品である、象牙で作る印鑑は、確かに値段も最高級ではありますが、その雰囲気により、個人や法人の実印として最も向いている印材だといえます。
日本は世界でも最大の輸入国だったのですが、現在では取引するのにも、ワシントン条約によって輸出入が規制されており、なかなか手に入るものではなくなってしまっています。
それだけ希少価値も高まってしまっていることが、高騰につながっているともいえるわけです。
象牙が優れているのは、その希少価値のせいではありません。
印鑑として使っていくのに、適度な吸湿性があり、朱肉ののりがほかの印材とは明らかに違います。
材質的にも、硬さがちょうどよく加工もしやすいのです。
そして何よりも、使い込んでいくことによって、独特のつやと輝きが出てきます。
こういったところが、最高級品として位置付けられている理由なのです。

象牙の印鑑は、どの部位からとるのかということでも、値段が大きく違ってきます。
最も高いとされているのは、中心部分を横に取った日輪です。
成長とともに木の年輪のようになっていくのですが、その流れに逆らいとっていくために、とてもきれいな輪が描かれるのですが、それだけ希少価値が高く、値段も上がってしまうのです。

あわせて読みたい関連ページ