印鑑の種類によって変わる値段と相場はどれぐらいがいいのか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑の値段相場

印鑑を作るということは、とても重要なことであり、その使用用途に応じて材質を選んでいきます。 そのため、印鑑選びで気になるのはその相場となるわけです。(当然、選ぶ材質によって値段は変わります。)
個人の印鑑の場合、使い道によって印材を選択すると思いますが、ここでは「実印」「銀行印」「認印」のそれぞれの使い道での印鑑の相場についてご説明します。

※こちらに記載している価格は一般的な店舗での価格の相場です。
大手ネットショップの場合、大量買付けをすることにより高品質のまま、価格を抑えて販売しているお店もあるようです。

「実印」の値段相場

実印はあまり使用頻度は高くないですが、一度作ったらなかなか変えるものではありませんので、耐摩耗性よりも耐久性が重要です。
そして、唯一性を保つためには、手彫りないし手仕上げで作られるものが向いているのです。
相場的には、いくらでも高いものがあります。

特に高価な材質の印鑑としては象の牙を使った「象牙(ぞうげ)」や、宝石の「琥珀(こはく)」などがあります。
高価な実印の相場としては、サイズにもよりますが約5~10万円程度が一般的でしょう。
象牙の中でも日輪とよばれる象牙の中心部分でつくられる印鑑は、本数が取れなくなってしまうため、値段も10万円を超えるものもあるようです。

比較的安価なものとしては、「本柘(ほんつげ)」と呼ばれる木材印鑑があります。本柘は印鑑の品質として安定しており、さらに1万円程度でも手に入るものもあります。

しかし、前述のとおり実印はなによりも耐久性で選ぶことが大切です。
欠けない、印面にキズが付きにくい材質となると、最近ではチタン金属でできた非常に硬度の高い印鑑が人気です。 チタン印鑑はおよそ5万円程度ですが、文字通り一生ものとして使うことができる丈夫さを持っているのが特徴です。

「銀行印」の値段相場

銀行印に関しては、実印よりはサイズが小さくなる分だけ、相場は下がります。
しかし、これも印材次第であり、できることであれば、手彫りや手仕上げで作るものにしたいことからも、激安のもので機械掘りのものでいいのかという問題が出てくるのです。

「認印」の値段相場

認印(みとめいん)となれば、選択肢の幅は大きく広がっていきます。
認印は使用頻度が高いので、耐久性が重視するのか、または壊れた時にはすぐに同じものが手に入るかなど、個々の考え方によって使う額は変わってきます。
相場はそこまで高いものではありません。
しっかりしたものをということで耐久性を重視した場合、2,000円程度(特に木材が人気の素材です)であってもかなりいいものを作ることができます。
壊れたら交換するという場合には100円から手に入るような印鑑もありますが、やはり100円均一などで売られている印鑑は朱肉の付きが悪く、上手に押すことが難しいこともあります。

また、認印として人気なのは「シャチハタ」です。シャチハタは朱肉をつける手間がいらずポンポン押すことができるので、その使い勝手の良さが人気の秘訣となっています。もっともポピュラーなタイプのシャチハタネーム印で1,500円程度です。

あわせて読みたい関連ページ