シャチハタの印鑑が不可になってしまう理由は何なのか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

シャチハタ不可の理由

印鑑登録などでは、三文判などは登録ができないなどと記されている場合があります。
こういった場合に、シャチハタの印鑑は可なのか不可なのか、そのあたりがよくわからなかったりするものなのです。
三文判が不可ということの場合、まず理由としてあげられるのが、同型印の存在です。
大量生産で作られる三文判の場合、印面は大量生産に耐えられる機械掘りになります。
印面のデザインも、一つ一つ変えていたのでは非効率になりますので、コンピュータのフォントを使い、単純かつ素早くできるようにしてあるわけです。
そのため、大量の同型印を生み出しているのです。
唯一性が重要となってくるような場合、こういった三文判では許可が取れないのです。
これはシャチハタの印鑑でも同じです。
印材が特殊なゴムで作られているため、量産性に優れており、やはり同型印を生み出しているわけです。
しかし、不可とされる理由はこれだけではありません。
特殊とはいえ、印材にゴムを用いているために、力のかけ具合では印面に力が入り印影が変形する恐れがあります。
これでは正しい印影を残すことができないために、許可されないことがあるわけです。

銀行印などでは、三文判でも口座開設ができるところがあります。
できることであれば、資産を預けることになるわけですから、セキュリティ的にもしっかりした印鑑を選択したいところではあります。
この場合においては、シャチハタはゴム印ということで許可されないことのほうが多くなってしまうのです。

あわせて読みたい関連ページ