男性の銀行印に適切なサイズという物はあるのだろうか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

銀行印のサイズ

銀行印という物は、大事な資産を預けておく口座開設から必要になる印鑑です。
非常に重要なものであり、実印に次いで大切なものとして考えていかなければいけません。
それだけに、ほかの印鑑と兼用で使うということは避けなければいけませんし、機械掘りなどの複製がしやすいものや、大量の同型印が存在する三文判などは許可されたとしても避けていきたいものになるのです。

銀行印のサイズという物には、基本的には規格がありません。
これは各行違いがあるという物でもあるのですが、明確なラインが引かれておらず、公表もされていないからなのです。
こういったサイズをしっかりと定めているのは実印になるわけですが、かなり大きなものを使うことも多いのにくらべ、銀行印は区別するためにも一回り小さなものになっていたりもするわけです。

さらに、認印との区別も必要になります。
兼用するべきではない印鑑なのですが、認印はとかく使用頻度が高く、常に使っているために世間に出回っている印影ともいえます。
そういったものを大事な資産管理に使うのは、やはり高いリスクを抱えることになるわけです。
そこで、男性の銀行印であれば、認印より一回り大きく、実印よりは小さいサイズである、13.5㎜~15㎜程度が一般的に使われているサイズになってくるのです。
明確な規定がないために、これ以外でも問題はありません。
ですが、間違って使ったりしないように管理するためにも、実印や認印とは変えておくことが重要なことでもあるのです。

あわせて読みたい関連ページ