意外に知られていない実印として認められる印影のサイズ

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

実印のサイズ

実印という物には明確にサイズが存在します。
いろいろと調べてみるとわかることではありますが、無制限に何でも許可するというわけではなく、個人の印鑑であることを証明するために登録するのですから、ここにはいろいろな要件が存在し、その中の一つとしてサイズの規定があるのです。

実印には8mm以上で25㎜以内の正方形の枠内に収まらなければいけないという、サイズの規定が存在します。
印鑑といっても様々なものが存在するわけですが、この中に納まらないものは登録することができないというわけです。
この中に納まったとしても、印面の欠けているものでは登録することができませんし、輪郭が欠けていたり、なかったりするようなものも認められません。
欠けているものでは、印鑑として正確な印影を残すことができませんし、輪郭がない場合には、力のバランスが悪くきれいに押せなかったり、偽造される危険性を高めたりするためなのです。
そして、重要なのが、市区町村の長が、適切ではないとしたものに関しては、収まったとしても実印として認められないことがあるのです。
条例で決められているものになるため、市区町村によって要件に違いがあったりするのはこのためなのです。

実は実印という物は、サイズ的に収まっていれば、形は問われていません。
あまりに適切ではないものは認められませんが、楕円形や角印であっても要件を満たすものであれば、実印として登録することはできるのです。

あわせて読みたい関連ページ