女性の印鑑のサイズはなぜ一回り小さいのか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

女性の印鑑のサイズ

日本人が日本で生活する上で、印鑑というものはとても重要な位置を占め、なくては生活に支障が出ることも多くあります。
それだけ、印鑑の文化が根付いているともいえるわけですが、普段からも使う機会が多くあることからも、大切に使っていかなければいけないものになるわけです。

そんな実用性が重要な印鑑であっても、やはり女性であれば、普段から持つものとして、優雅さなども気になりますし、印材などにしてもどんなものでもいいというわけにもいかないものです。
確かに象牙で作られ、存在感があるような大きさのものは、印鑑としての風格はあります。
それだけでは、やはり女性向きなものといういい方はできないのです。

女性の印鑑としては男性のものよりも、サイズ的には一回り小さいものが馴染みます。
これは何も、かわいらしいものが似合いそうだからという、見た目だけの意味だけではありません。
そこには女性と男性の手の大きさの問題があるのです。
万年筆のような筆記具でもそうですが、手の大きさに合わせ作っていかなければ、使いやすいものとは言えません。
どうしても小さい女性の手には、大きいサイズの印鑑は使いにくくなってしまうものなのです。
そこでサイズ的には、男性用として作る印鑑よりも、ワンサイズ小さい印鑑にしたほうが、手には馴染みやすかったりもするのです。

そこで大きさを考えた場合には、実印であれば15㎜、銀行印は、12㎜~13.5㎜、認印なら10.5㎜~12㎜程度の大きさが、人気があったりするのです。

あわせて読みたい関連ページ