男性が使っていくのに適切な印鑑のサイズというのはあるのか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑のサイズ

印鑑というものは仕事などをしていると、かなりの頻度で使って行くことになる、なくてはならない大事なものです。
そのため、取引などの場面では、どんなものを使っているかということも含めて押す姿も含めて見られていたりするため、しっかりしたものを持っているということも、重要なことになってきます。
性別や年齢によっても、似合うものがあります。
印鑑にはサイズや色、印材など、多くの部分で選択できるものがあるのです。
そういった点を踏まえて考えれば、やはり男性が持つ印鑑として考えた場合に、細すぎるものは男性の大きな手に比べて華奢に写ってしまうものも多くなりますし、印象としてかぼそさがついてしまうことや女性的に見られたりすることもあるのです。
そのため男性には、しっかりした印材で太さも少々太めで、重厚感を感じられるものが見栄えもよくなるのです。

実印などともなればどんな場面でも使うわけではなく、ここぞという場面に限定され、見た目に関しても重要な意味を持ってきます。
材質なども含め、重要な取引をする際には、かなり気にして見ているものなのです。
そこで、サイズ的には気持ち太めのものを持つと、しっかりしている、骨太に見えるなどの効果を演出することができます。
これは個人の印鑑だけではなく、法人の印鑑であっても同じであり、印鑑一つでも取引の印象が変わってしまうものなのです。
材質に関しても、見栄えのする象牙であったり、黒水牛などであったりすれば、見た目でも安くないことが鮮明に伝わり、それだけ重要視して印鑑を作ったのだと伝わっていくのです。
機能だけを考えれば印影が残せればいいのですが、心理的な効果もあったりするものなのです。

あわせて読みたい関連ページ