印鑑の材質は使い方によっておすすめが変わる

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑のおすすめの材質

印鑑という物は印影を残すことが目的ではありますが、きれいに残していくために適した材質のものを印材とすることが大切になってきます。
多くの材質のものが試されてきた中、個人や法人の実印には、やはり象牙がおすすめになってきます。
何も希少価値が高いからということだけではありません。
法人の実印としては、その希少価値の面が有効に働くこともありますが、個人においてはそうでもありません。
実印という長く使っていかなければいけない性質上、耐久性が高くすり減りにくく、粘りがあり、そしてきれいな印影を残すために朱肉の吸い付きがいいということで、象牙がおすすめになってくるわけです。
これが銀行印にも当てはまることではあり、頻繁に使うものでなければ、やはり象牙は優れており、他の材質のものを寄せ付けない素晴らしさがあるのです。

しかし、認印となると、耐摩耗性という面や、価格を考えても象牙がおすすめであるとは言えません。
とびぬけて高価な印材ですし、使用頻度が極めて高くなるため、耐摩耗性を重視するのか、それとも価格を抑えて買い替えることも視野に入れるほうがおすすめになるのです。
使用頻度が高いという面からは、シャチハタの浸透印などもおすすめになってきます。
スタンプ台も朱肉もいりませんので、とても素早く使うことができます。
耐摩耗性であれば、金属製のものなども強くなります。
そして、価格から考えれば、三文判のようなものを使い、壊れてしまったら買い替えても、同じ印面のものが手に入りやすいために、リスクもかなり少なくなるのです。

あわせて読みたい関連ページ