印鑑の書体の選び方は、どうやって決めていけばいいのか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑の書体の選び方

印鑑を作る際には、印面に使う書体をどれにするか、考えてしまうものです。
使用用途によっても、選び方が変わってきますが、一番の問題性は可読性になります。
実印に使うとするのであれば、可読性があまりにあるものだと複製されやすくなる恐れがあります。
そのため、できるだけ落としていくということが必要になるのですが、読めないものでは登録することができないということもあります。
そのため、実印の書体としては、篆書体が最も向いているものといえます。
篆書体を使い、手掘りで掘った印鑑は、とても複製がしにくく、セキュリティということを考えても向いているものとなってくれるのです。

逆に、認印などでは、可読性が低いものは選択することが、あまりいいことではありません。
選び方として、捺印した場合に、相手がある程度読めることが重要なのです。
そこで、楷書体や隷書体で作ることはとても重要なことになってくるのです。

よく言われることではありますが、印鑑で運命は変わることはありません。
そこで、運命を変える書体などといわれることがありますが、印鑑はどんなものになったとしても道具の一つでしかありませんので、選び方としては正しくはないといえるのです。
ただし、良い物を作れば、大切にすることは間違いありませんし、それだけの印鑑であれば、捺印するときに印鑑を持った瞬間に考えさせられることも出てきます。
そういったことから考えれば、運命を変えていくのは、持った瞬間に感じ取れる印材のほうといえるかもしれません。

あわせて読みたい関連ページ