印鑑を作る場合に女性に向く書体とは何か

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

女性におすすめの印鑑の書体

印鑑には印面があって、そこに書体が彫られているからこそ、捺印して印影を残すことができ、初めて使うことができるようになっているものです。
この印面に彫られる書体もいろいろと存在しますが、こと女性に向くようなものというのもあるわけです。

女性のために使いやすい書体ということで考えた場合には、やはり柔らかなものが似合いやすいといえます。
書道で使われる書体が基本ですので、無理やり作られたものでは、やはり印鑑としての価値はなくなってしまうことは注意したい点になってきます。
実印として使うことを考えた場合には、やはり可読性ということも考え、篆書体が最もふさわしいといわれます。
しかし、普段使いしていくということで見ると、篆書体は独特の縦横の線で表現されていくために、ほかの書体に比べて可読性が低く、使いにくいものになってしまうという面も持っているのです。

そこで、行書体を選択すると、とても柔らかな文字であるだけでなく、可読性もよい物が作れるのです。
行書体は、隷書体からまとめられた楷書体を、さらに筆運びが効率化できるように考えられた書体であり、リズムすら感じ取れるものが出来上がります。
印鑑技術競技会などでも使われる書体であり、非常に美しい印影が出来上がるのです。

可読性は高い行書体ではありますが、しっかりとした手彫りや手仕上げで作ることができるのであれば、実印としても使っていくことができる印鑑になってくれる書体なのです。

あわせて読みたい関連ページ