使い方から考える印鑑に使うおすすめの書体はなにか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑のおすすめの書体

印鑑にとって、印面に彫る書体という物はとても重要であり、どういったものを使うかによって出来上がりに大きな差が出てきます。
基本的なことから考えれば、印面に使われる書体は、字の一分野であることから書道の書体になってきます。
そのため、篆書体、行書体、隷書体、楷書体、草書体というところが基本であり、あとのものは様々な都合によって生み出されたものになってくるのです。
そのため、色々な書体も出てきてはいますが、書道競技会などで出される書体を使っていくことがおすすめになってきます。

実印登録を目的とする印鑑を作る場合におすすめする書体は、やはり篆書体です。
現代の文字とは少々違いがあったりもするのですが、可読性がぎりぎりにまで抑えられているため、複製されにくいものが出来上がるからなのです。

一般的な認め印などでの使用であったら、楷書体や隷書体がおすすめになってきます。
非常に可読性が高く、一目見ただけでもわかるきれいな書体になってきます。
篆書体から変化してきた楷書体は非常にバランスが取れたものになりますし、楷書体は隷書体をさらに読みやすくしたものですので、時代を問わず使われてきているのです。

書体には、吉相体と呼ばれるものもあります。
篆書体から進化したとも言われますが、実際にはそういった流れでできたものではなく、デザイン性で作られた書体になります。
印鑑技術競技会などでは決して出てきたりしない書体になり、可読性が著しく低いために実印登録できないものが出来上がったりすることも、大いに注意しなければいけないのです。

あわせて読みたい関連ページ