印鑑証明を紛失するという大きなリスクを負ってしまったら

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑証明を紛失したら

印鑑登録をされた印鑑証明を紛失するということは、そのあとにかなりの影響を及ぼす書類をなくしたということです。
印影が自分のものである問い証明なのであり、大きな力を持っていることは誰でもわかっていますが、これが悪意を持って使われたりするとかなり大きな被害を出すことになります。
特に紛失したと思ってあとから出てきた場合であっても、今では簡単にパソコンで複製することができたりするため、単純な被害で収まらなかったりすることもあるのです。

まずは大きな被害にならないように、印鑑証明書を紛失したという都で、亡失届という物を提出します。
これは、印鑑登録を行った窓口で行えますので、できるだけ迅速に届を出しておきます。
そして、印鑑登録を廃止します。
簡単な手続きでできますが、基本的に大きな効力を持つものは本人が行うべきものでありますが、委任状があれば代理人でも行えます。
そして、改めて印鑑を作り、改印の手続きを行うことになります。
この場合には、それまでの印鑑は使えなくなりますので、新しい印鑑を作成することになるのです。

これだけの手続きが、印鑑証明を紛失した場合には必要になってきます。
さらには、実印も一緒に紛失してしまった場合は、公正証書なども作成することができますので、さらに大きな被害になってしまいます。
リスクを考え、決して同じような形で保管などはせず、別々に管理を考えていかなければ、大きな損害を出してしまうことにもなるのです。

あわせて読みたい関連ページ