印鑑証明を取得するにあたって必要なものとは何か

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑証明に必要なもの

実印としての効力を望み、自分のものであるということで、住民票のある市区町村に印影を登録することで、初めて実印として使えるようになってきます。
しかし、これだけでは、意味がありません。
捺印した後に、この印影は自分の実印であるという証明がなければ、何を押しても同じことになるわけです。
そこで、印鑑証明を取得して、添付することになってくるわけです。
この印鑑章目を取得するために必要なものは、まず登録が済んでいるということがあります。
登録が済んでいれば印鑑登録証や印鑑登録カードが発行されているはずです。
これをもって、市区町村の窓口にて発行手続きに入っていくわけです。

よく勘違いされることがありますが、身分証明書として免許証や健康保険証で発行してもらえることはありません。
印鑑証明を取得するためには、必ず印鑑登録証が必要なものになるのです。

代理人によって取得することも可能です。
この場合には印鑑登録をする時のように、委任状などは必要がありません。
しかし、身分証明書の提示を求められるところもありますので、そういったものは印鑑証明を取得する際には必要になってくるのです。

現在では、住民基本台帳カードなどでも、取得することが可能になっています。
何処でもできるわけではありませんが、コンビニエンスストアなどでも取得することができますが、これだけ簡単に取得することができるということは、リスクも集中していることになりますので、より一層の管理が必要になるともいえるのです。

あわせて読みたい関連ページ