印鑑証明に使いそうな委任状のフォーマットは何でもいいのか?

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑証明の委任状フォーマット

印鑑証明を取得しようとする場合、利用方法も含め、とても重要な場面になってきます。
そこで、取得しようと考えた場合には、本人が申請するのが基本なのですが、どうしても本人が申請できない場合には、代理人を通して申請することができるわけです。
この場合には、委任状は必要がなく、印鑑登録カードや印鑑登録証があれば、簡単な申請書の記入で取得することができるのです。

ところが、印影を登録していなければ、印鑑証明はとることができないため、必ず住民票がある市区町村に対し登録をしていかなければいけないのです。
この登録の場合にも、本人による登録ということが重要なのですが、どうしても本人が登録をすることができない場合には、代理人による申請が可能であり、その場合には委任状が必ず必要になってくるのです。

この委任状のフォーマットは、必須記載事項が記入されていれば、書体や用紙に関しては制限がありません。
インターネット上などにあるフリーのフォーマットでも構いませんし、自分で作ることも可能になってきます。

必須記載事項になってくるのは、申請する本人の住所、氏名、生年月日、電話番号、委任状の作成年月日が申込者の情報になり、委任の内容を記載します。
その際には使用目的や必要枚数なども必要です。
そして、代理人の住所、氏名、生年月日が必要になるのです。
この際、申し込みする場所によって、自筆でなければ受け付けないところもありますので、本人、代理人ともに自筆で書いておくことが大切なのです。

あわせて読みたい関連ページ