印鑑証明には委任状が必要で書き方があるのだろうか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑証明の委任状の書き方

印鑑登録をしようと考えた場合、住民票がある市区町村に対して、実印としようとしている印鑑の印影を登録することになるわけです。
基本から言えば、大変大きな効力を持つものを登録することになるのですから、本人が行うべき申請になってきます。
しかし、どうしても本人が登録することができない場合などでは、代理人による登録も認められており、委任状を作成し提出することで申請することができるわけです。
書き方としては難しいものではなく、本人の現住所、製作年月日、署名と基本的な内容に対し、代理人の現住所と署名があれば成立します。
書き方としてはとても簡単ですが、かなり大きな効力を持ってきますので、作成には細心の注意を持って臨むべきです。
登録に比べ、印鑑証明の取得に関しては、本人以外にも代理人が取得する際には、委任状の作成及び提出の必要はありません。
印鑑登録証や印鑑登録カードがあれば、簡単な記入によって申請することができ、取得することができるのです。

法人の印鑑証明の場合にも、代理人には委任状などの必要がありません。
誰でも窓口に行って、印鑑カードを印鑑証明書交付申請書とともに提出し、請求することによって取得することができます。
その際には、委任状などがない代わりに、代表者の生年月日を記入することになってきます。
あまり効果的なセキュリティ手段ではありませんが、少なくても知らなければ取得することができないような形にはなっているのです。

あわせて読みたい関連ページ