住所変更に伴う印鑑証明はどうしたらいいのか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑証明の住所変更

印鑑証明は実印を表すとても重要なものであり、住民票がある市区町村に登録してあるものです。
そのため、住所を変更すれば、登録の内容が変わってしまうために、当然この登録をどうなるのだろうという疑問がわきます。
同一市区町村で住所の変更をした場合の印鑑証明は、別段特別な手続きは必要がありません。
これは、住民票に対して印鑑登録が紐づけされているために、住民票の住所が変更されれば、自動的に変更されるからです。

問題は、違う市区町村に住民票を移動する場合です。
今まで紐づけされていた印鑑登録も消されてしまうことになるため、住所変更に伴い印鑑証明は取得できなくなります。
まずは印鑑登録を廃止することが重要になります。
住民票が異動することによって、古い住所にはなくなり同時に廃止されるため、なにも問題はないと考えるわけですが、それでも絶対とは言えません。
そこで、まずは印鑑登録の廃止してしまいます。
そして、できることであれば印鑑登録証は、返却してしまうのです。
こうすることで新しいものと混在することもなくなりますし、間違って使うこともありません。
手元にないのですから、何かの時に悪用されてしまったりすることもなくなるのです。
そのうえで、新たな住民票の市区町村に対して、印鑑を登録することが安全なのです。

もしも、代理人にこの手続きを委任する場合には、必ず委任状が必要になってきます。
廃棄手続きといってもしっかりと勧めなければいけないものでありますので、必ず信用できる人に依頼することが大切です。

あわせて読みたい関連ページ