印鑑証明書の取り方は簡単ではあるが、代理人が取得できる方法とできない方法がある

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑証明書の取り方

印鑑証明書は、その印鑑が登録されたものであることを証明するものであり、市区町村が交渉するものになってきます。
捺印したものにつけることによって、間違いなく署名された本人の意志であると確認できるものになってくるため、金額の大きな取引になる不動産などでは必須のものになってくるのです。
この印鑑証明の取り方はとても簡単です。
ただし、その前に印鑑を登録しておかなければ取得することはできません。

印鑑登録の申請は、市区町村の条例によって定められているため、少しずつ違いがあります。
そのため、必ず確認が必要になってきますが、三文判などでは登録はできませんし、欠けたりしているものも拒否されます。
そして、住民票に記載された姓名と違った印影を持つ印鑑もと黒くすることはできません。
印鑑登録が済むと、印鑑登録証を発行してもらえますので、これを使って印鑑証明書を請求することになってくるのです。

手続は本当に簡単であり、印鑑登録証と申請書に対して印鑑登録証に登録されている住所や氏名を正確に記入し提出していくだけです。
これだけで申請することができてしまうのです。

印鑑証明書の取り方としては、住民基本台帳カードを使っていく方法もあります。
この場合、郵便局などでも取得することができるのですが、代理人の申請は認められません。

自動交付機が設置されている場合には、土日祝日などでも取得できるため、とても便利なものになっています。
この場合には暗証番号の設定をしていなければ取得することはできず、3回程度間違えると、利用を停止されてしまうこともあるので注意が必要なのです。

あわせて読みたい関連ページ