会社で使う印鑑には多くの種類を業務に合わせて使っている

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

会社鑑の種類

会社で使う印鑑には多くの種類が存在します。
個人の印鑑と同様に、実印もありますし、銀行印、認印と似た使い方をしていく角印があります。
そのほかにも会社の業務内容によっては、検査用の印鑑や受取印、住所印などのゴム印など、様々な種類の印鑑を使い分けていくことになるのです。

その中でも、会社にとって重要なのは、やはり実印になってきます。
代表者印とも呼ばれ会社設立から必要になってくる印鑑であり、個人の実印以上に大きな意味を持つものになってくるのです。
登録する場合には、個人の場合とは違い、法務局に登録することになります。

銀行印も個人同様に必要になってくるものです。
会社の資産を管理する銀行になりますから、個人以上に重要なものであり、何かと兼用にするなどということは、かなりのリスクを抱え経営していくということになり、忌避すべき行為ともいえるわけです。

認印や角印は、個人同様にかなりの頻度で押す機会の多い印鑑になります。
領収書などにも使いますし、見積書や請求書などにも使用していくものであり、とても使用頻度型か唸るために、インクもスタンプもいらない浸透印などで作る会社も出てきています。

ほかにも様々なゴム印などを利用していくと、様々な業務内容を軽減し、効率化を図っていくことができるようになります。
日付印などであれば、効率化以上に記録としての意味も強くなるため、多くの場面でかなり効果的に使っていけるものになるでしょう。

あわせて読みたい関連ページ