認め印とはどの印鑑を指す言葉なのか

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

認め印

認め印といえば、簡単に押せる印鑑ということで、三文判などを使えばいいと考えているのが、一般的な話になってきます。
ですが、この認識はとても間違ったものであることは、あまり知られていません。
実印という物は、住民票がある市区町村に対し、登録をすることで成立していきます。
そのため、登録していないものはどんなに高価な印材を使い、どんなに高名な方に彫ってもらったとしても、それは扱いからすれば認め印なのです。
つまり、どんなものであっても、実印登録していないものはすべてまとめて認め印という扱いになるのです。
そのため、銀行印などに関しても、扱い上は認め印でしかありません。
あとは自分の手によって使用目的を設定し、これは何に使っていくのかなど選んでいくことになるのです。

一般的に考えた場合、認め印という物は、とても使用頻度の高い印鑑になってきます。
そのため、耐摩耗性が高いものを選んだりすることも大切ですし、欠けにくい粘りのある印材を選ぶということも重要になってきます。
そのほかに、シャチハタの浸透印などを使っていくことで、とても簡単に捺印することができますし、インクはなくなれば補充することもできます。
三文判も、認め印としては利用価値が高い印鑑であるといえます。
たとえ壊れたりなくしたりしたとしても、高い量産性を誇る印鑑ですから、100円均一などでも必要な時に必要なものを安価に手に入れることができるため、認め印としては便利な存在となるのです。

認印とは

日本で生活するためには、普段から印鑑がなければ、なにかと生活に支障が出てきます。
日本以外の国では、サインの文化が定着し、印鑑を使うことはまずありませんし、すでに過去の文化であるとしている国もあるため、違和感を覚える外国人も多いと言われていますが、これも大事な日本の文化の一つになっているのです。

一般的に日本人が生涯において使用していく印鑑は、単純に1本のものを使っていくのではなく、実印、銀行印、認印と最低三種類必要になってくるといわれているのです。
その中でも最も使用頻度が高い印鑑は認印になります。

認印とは、荷物や商品などの受け取りなどに関して受け取りの証として押印したり、書類などの内容を確認したりしたときなどに自分の名前を書くかのように押印するものです。
こう言った場面で実印や銀行印などを使ってしまうこともできますが、それだけ印影を世間に広めてしまうことにより、無用に複製されるリスクを高めてしまう可能性が出てくるのです。
もしも複製されたりすれば、自分の意図に反して大事な場面等で使用される可能性が高まり、予想もできないような危険な状態になってしまうのです。

認印とは、そう言ったリスクを低減するためにも使われる、ほかのものにも負けない大事な印鑑になるのです。
しかし、ほかの印鑑に比べ効力がないわけではありません。
認印とはいえども、捺印するという行為自体には何ら代わりなく、法的な意味合いからすれば、実印となんら変わらないのです。

あわせて読みたい関連ページ