シャチハタの印鑑といえば数多くの種類があるが、認識が間違っているかも

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

シャチハタ印鑑の種類

シャチハタといえば、とても便利な印鑑であり、インクもいらないスタンプ台もいらない。持ったツン感に押せる便利なものを想像します。
とても多くの種類があり、一般的な名前を押すものから、スタンプなどに加工してあるものまで様々なのです。
しかし、このシャチハタという名前は実は会社名であるということは、すでに商品名が浸透しすぎてわからなくなってしまっているのです。
浸透印と呼ばれる種類に関しては、Xスタンパーというブランド名がついているのですが、こちらの知名度のほうが低くなってしまうのは、皮肉なものなのです。

さらに、シャチハタという名前は、すでに浸透印という印鑑の範疇を超え、日本で販売されている三文判すべてを指して言う場合もあります。
簡単に押せるようなものであり、インクを必要としていてもすべてひっくるめられてしまっているわけです。
それだけ、使われ続けているものになって、生活の中で必要なものと位置づけられ始めているのです。

シャチハタは確かに便利な印鑑を多く販売しています。
一般的な浸透印だけではなく、おなまえスタンプのような、入学シーズンなどではとても便利なものもありますし、一つの印鑑に2つの印面を持つツインネームのようなものもあります。
さらには、会社のマークなども掘ることができる浸透印や、法人の認印代わりに使われたりする角印などまで、とても多くの種類の印鑑を製作し販売しているのです。

あわせて読みたい関連ページ