印鑑に使われていく印材には多くの種類が存在する

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑の種類

私たちが使っている印鑑という物は、とても多くの種類があります。
これは印材までという意味で考えればということであり、様々なものを印材に使い、様々な用途で使っていっているわけです。
その中には、実印のようなとても強い効力を持たせるものもありますし、認印のように常に使っていく使用頻度の高いものもあるわけです。

実印のような印鑑には、多くの種類がある印材の中でも、長い年月において変質しにくく、劣化の少ない印材が向いているといえます。
その中でも、手掘りで作れるようなものが、同型印の存在などを防ぐためにも重要です。
そのため、象牙のようなものも珍重されてきます。
このような印材には、資産価値もありますので、取引の場などでは、相手の経済状況などを推し量るうえでも重要であったりもするのです。

認印に使うような場合であれば、多くの種類の印材が選択できるのですが、量産性の強い三文判などにも使われる、ラクトなどであれば、とても安価に手に入りますし、壊れても同じものが手に入りやすくなっています。
耐久性の高い金属製のものなどでもやはり高い耐久性により、高頻度で使っていっても絶えることができるのです。

使用頻度が高い場合には、浸透印であるシャチハタの印鑑などもとても便利です。
インクがいらないために、必要な時にすぐに使っていくことができますし、加工性の高いゴムなため、名前の入ったものだけではなく、マークなどにも加工することができますので、とても幅広く使っていくことができるのです。

あわせて読みたい関連ページ