印鑑登録に関して代理人をたてて行う場合の注意

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑登録の代理人

印鑑登録というものは、とても重要なものであり、本人が行うことが大切なものではありますが、代理人をたてて委任することで登録することもできます。
ただし、登録をする本人が、官公署が発行した本人を確認できる写真付きの証明書をもって申請するよりも、ずっと日数が必要になることも忘れてはいけません。

まず、印鑑登録等申請書を記入しなければいけません。
これに関しては、本人が記入し持っていくことになります。
その際には委任状や代理人選任届など、本人が書いたものが必要になる場合もあります。
これは市区町村によって違いがあるために、行政に対し確認が必要になってきます。
その後、本人の印鑑などを確認後に、本人宛に確認書類である照会文書が届きます。
この照会文書をもって、代理人が窓口で申請をかけることになるのです。

照会文書は、必ず本人が記入しなければいけないのですが、市区町村によってはこの時点で委任状が添付されており、それに記入して提出するところもあります。
照会文書をもって登録する場合に、代理人は印鑑と身分証明書が必要になってきます。
印鑑は三文判でも構いませんが、身分証明書に関しては、官公署が発行した写真付きの証明書を求められることもありますので、用意しておくとスムーズに進むようになるのです。

自分自身で行うよりは、様々な書類なども必要になってきます。
印鑑登録は重要なことですので、代理人の選定には細心の注意で臨むべきものなのです。

あわせて読みたい関連ページ