実印をなくしたり盗難されたりした時にはできるだけ早い印鑑登録の変更を

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑登録の変更

印鑑をなくしてしまったり、壊れてしまったりすることもあります。
物である以上、破損してしまうことは避けられないことでもあります。
そして、結婚などによって姓が変わってしまい、古い印鑑が使えない、そんなことも出てくるわけです。
もしもこれが実印の登録をしてあったものであった場合、やはり新しい印鑑を作って登録しなおさなければいけないものになってくるのです。

印鑑登録してある印影を別のものに変更していくのは、何回でもできることになります。
その場合には、手順を踏み、新たな印影を登録していくことになるのです。

まずは古い印鑑の登録を廃止する申請を行います。
代理人でも行うことができるものですが、もしも紛失や悪用の場合などでは、できるだけ早い対応ということも重要になってきますので、代理ではなく本人が行いたいことでもあります。
登録した市区町村に行くと、廃止届が置いてありますので、記入して提出します。
これにより、新たに印鑑証明書は発行されなくなります。

次に新たな印鑑を改印手続きということで申請していくことになります。
これも難しいものではなく、窓口などにおいてある書類に記入し、初めて登録した時と同じようにしていくだけです。

こういった状況になる場合、悪用や紛失の問題もあったりします。
その場合、代理することも認めていない人間が、本人にすり替わり悪意を持って捺印したところで完全な効力は持ちませんが、不完全な効力であっても状況を問わずトラブルになってきます。
できるだけ早く、廃止の手続きをし、警察などに紛失や盗難の届を出しておくことも大切な手段になってきます。

あわせて読みたい関連ページ