本人がする場合と代理人が印鑑登録しようとした場合に必要なもの

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑登録に必要なもの

印鑑登録というものは、ただ印鑑を持っていけばできるわけではありません。
それは、印鑑を登録するということは、登録者のものであることを証明できなければいけませんし、何よりも訪れた人が本人である証明ができなければいけないわけです。

印鑑登録の際に持参するもの。 印鑑登録をしようとした場合、まず絶対に必要なものは印鑑です。
この印鑑は、その登録者のものでなければいけませんし、住民票と同じ姓が彫ってなければいけません。

市区町村によってはいろいろと要件に違いがありますが、姓名両方が彫っていなければいけないところもありますし、名だけでも大丈夫なところもあります。
こういったことは、登録時に聞くと対応できない場合もありますので、事前に問い合わせを行い作ったり用意したりしておかなければいけません。

顔写真付きの証明書も必要です。 本人だと証明できるものも必要になります。
官公署が発行した顔写真付きの証明書があれば、その場で申請をして終わらせることもできます。
しかし、免許証など誰もが持ち合わせているわけではありませんので、健康保険証などでも登録することができます。

この場合は、時間はかかりますが、住民票に書き記してある住所に対して照会文書が届き、それとともに登録をすることになります。

印鑑登録に必要なもののまとめ

  • 印鑑登録をする用の印鑑
  • 運転免許証、住基カードまたはパスポートなどの顔写真付きの証明書
代理人を建てて登録する場合には、印鑑登録をするのに必要なものとして、代理人に対する委任状や、代理人自身の印鑑証明書など、本人が登録するのに必要なものに併せ、多くの書類などが必要なものになってきます。

あわせて読みたい関連ページ